2007年05月21日

無料で音楽を勝手に楽しむ

無料で音楽を聴く、それはインターネット上ではもう当たり前の状態ですが、ダウンロードじゃあなくても、音楽配信サービスでなかろうと、今までのようにライブを見るがごとく音楽を身近に感じられる瞬間というのがあるのです。
ほっとするような、ため息がつくような感覚でしょうか、音楽の力をまざまざと感じる無料で音楽を聞いた体験です。
童話風にまとめています。

音楽を聴いた夜、それはひどく寒い冬の夜のことでした。
あたりはもうまっくらで何の音もしない、静けさという音楽が心の中に流れている夜でした。
あの音楽をダウンロードしましょうか。
街にはこんこんと雪が降っていて、マイナーな切ないバラードがよく似合うでしょう。
寒い夜の中、みすぼらしい一人の少女が歩いていました。
(雰囲気をだしたいのでYUIとでも名づけましょう)
ボウシもかぶらず、はだしでまおかつipodなどは身に付けていません。視聴するなんて聞いても何のことかわからないでしょう。
どこへ行くというわけでもありません。
行くあてがないのです。
本当は家を出るときにウォークマンを聞いていました。
でも、サイズが大きな音源しかなくて聴くこともできずに役に立ちませんでした。
実はお母さんのレコードだったので無理もありません。再生ができないようでした。せっかくのお気に入りの音楽だったのに。
posted by 音楽 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4072700

この記事へのトラックバック